樹脂加工部

プラスチックのプロフェッショナル集団。
モノづくりを通して、常に"発見"と"驚き"を作り出す。

PVC(塩ビ)、HTPVC(耐熱塩ビ)、PP(ポリプロピレン)、PMMA(アクリル)の汎用プラスチック板材や丸棒、パイプ類などの切削・曲げ・接着・溶接などの加工を行っております。
  • 半導体製造 関連装置の製造
  • 液晶パネル製造 関連装置の製造
  • メッキ各種タンク及び関連装置の製造
  • 樹脂パイプの切削、曲げ、溶接加工
  • 高分子材料の加工
  • 精密機械加工

樹脂とは


「合成樹脂」と「天然樹脂」に分けられます。「天然樹脂」は樹木から採取できるものです。「合成樹脂」は人工的に作られるものです。「合成樹脂」は熱で溶ける「熱可塑性樹脂」と、熱をかけると固まる「熱硬化性樹脂」とがあります。私たちの生活で一番身近に耳にする「プラスチック」とは、ここでいう「熱可塑性樹脂」に当てはまります。
樹脂の溶接加工
熱可塑性のプラスチックは熱による溶接をすることができます。弊社ではPVC(塩ビ)/PP(ポリプロピレン)を中心に溶接加工を致しております。長年の経験に基づく高精度な溶接加工を実現します。
樹脂の曲げ加工
プラスチックは熱可塑性樹脂の場合、加熱をすると軟化し曲げやすくなり、冷却するとそのままの形状で固化し、常温でその状態を維持します。この性質を利用することで、機械に頼らない熟練の職人技で曲げ加工を致します。
NCルーター加工
軸に取り付けられた刃物によって、材料を削加工する機械のことです。複雑な形状や高精度な加工を可能としており、その機械の性能から、小ロット製作を得意としコストを抑えることも可能に。
マシニング
CADで制作した3Dデータから数値プログラムを制作し、そのプログラムを利用して切削用の工作機械で座標位置を制御しながら3次元的に立体物を短時間で製作することができます。
高分子材料の加工
高分子材料の三大材料である、金属、セラミック、プラスチック。高分子材料の中で、プラスチックは「可塑物」といわれ、加熱したり、圧力を加えて「自由な形状に変形加工ができるもの」とされています。
その他、樹脂材料の用途開発を手掛けています。

現場管理人より一言

私たちは常にお客様の観点にたったモノづくり、豊富な知識や技を生かして加工方法、加工具の工夫、生産技術の改善を行い、すばやい対応を心掛けております。板材を切り出し、複雑な形状や高精度な切削加工を行い、接着や溶接によって一つの製品を実現します。
お客様に満足していただける製品づくり、品質・コスト・納期はもちろんのこと、満足していただける製品作りを目指しています。

設備紹介

工場内
マシニングとルーター
溶接

製品のご紹介

水処理装置水処理装置
液晶エッチング槽液晶エッチング槽
樹脂加工例