グループ補助金

「熊本県中小企業等グループ施設復旧整備補助事業」

震災で壊れた建物、設備の復旧に対する補助事業

このような支援策は中小企業の私たちにとっては大変ありがたく、また復興への勇気と元気をもらえます

戦後右肩上がりで成長してきた経済。それがバブル崩壊以降、税収は下がり

少子高齢化、社会保障など支出は益々増えていく

もちろんお金がすべてではない。でもお金がなければ理想的なことが出来ないのも事実

国の力とは国民性、国際貢献などなど経済以外にもいろんな尺度があると思いますが

このようなサポートを継続させていくにもお金は必要です

今後も震災に限らず弱者という立場に置かれた人や企業を国がサポートしていけるように

企業を継続し国家社会に貢献できるように努力していきたいと思います

DSC_0358

 

徹底3S再開

震災で休止していた3S活動の指導会を再開

3S活動自体は震災に関係なく継続していくものなのですが・・・

現実はそんなに甘くない

どうしても「こんな時にやるんですか?」的な雰囲気が会社に蔓延する

「決められたことを全員が守る会社」

「自ら進んで考え行動する会社」

この2つを実現するために徹底3S活動を行っています

少しづつ成果が出てきていることもたくさんあります

確実に目標に近づいて行けるように頑張りたいと思います

DSC_0330

震災の影響

本震からもうすぐ2ヶ月

うちの会社に限って言えば建物以外はほとんど復旧し、生産も普通にできるようになりました。

とは言え、このブログを書いている今でも余震が・・

同じ益城町でも住宅地では未だに手がつけられない状況の建物がたくさんあります。

そのような状況でも復旧、復興に向けての動きは確実に始まっています。

今回の地震で建築物も大きく崩れてしまいましたが、神社、御宮の鳥居もかなりの被害を受けています。

ここ数日にて鳥居のお問い合わせを数件いただき、昨日は八代の鏡町のお宮に打ち合わせに行きました。

ちょうど倒壊した石の鳥居を撤去されていて、地域の氏神様を氏子の方々が一生懸命守っておられる思いが伝わってきます。

もし鳥居製作のご縁をいただくことになれば心を込めて製作させていただこうと思います。

 

DSC_0323

本日、建立させていただきました

DSC_0182

高森の森山稲荷大明神。本日無事に建立させていただきました。

熊本でも朝からマイナス3度、高森の寒さは強烈でした。

神殿までの道が細く、搬入も大変だろうと思っておりましたが

社員の段取りが良く、予定通り無事に建立できました。

今月の13日にお祭りを開催されるとのこと

無事にお祭りが執り行われることを心からお祈りいたします。

待機児童解消加速化プラン

国が定めた「待機児童解消加速化プラン」の効果もあり

熊本市でも今までほとんど手つかずだった待機解消のための整備が

進められている。

認可保育所の新設、定員増、認定こども園、小規模保育、事業所内保育、家庭的保育など

熊本市においても待機児童はかなりの数に上る

今回、弊社も小規模保育の事業に手を挙げ、採択を受けた。

昨日は開所に向けての研修会に参加。

予定通り行けば28年4月に開所することになります。

いずれにしても熊本市でも少子化の流れは変わらず

予測では平成30年から保育を必要とする子供は減ることになる。

弊社で経営している認可外保育所の役割も徐々になくなっていくことになると考えられます。

現状、行政は待機解消に躍起になっており、保育の質の観点から考えると

いかがなものか?と思うものもある。

保育の一端を担う企業として保護者に安心していただける「保育の質」にも

気を配りながら引き続き努力して行きたいと思います。

DSC_0069

徹底3S 

今日は徹底3S講習会ということで

いよいよ具体的に3S活動を通して企業風土づくりのスタートです

活動の目的

「安全な職場に変える」

「快適な職場に変える」

「能率的な職場に変わる」

この3つを体感しながら楽しく活動ができれば最高なのですが・・・・

そんなに甘くないでしょうね

いずれにしても後戻りはできないので

目的を果たせるように頑張っていきたいと思います

DSC_0055DSC_0054

 

「仕事の教え方」

先月の「仕事の教わり方」の教育に続き

今回は「仕事の教え方」の教育を実施いたしました

仕事をチームでやる以上、仕事を教えるという行為は頻繁に起こるわけで

その行為を効率よく行うためには

マニュアル、手順書、チェックシートなどを使い

確実に伝わるまでPDCAを回していくことが大切であることを学びました

DSC_0044DSC_0040

水素燃料の勉強会

これから先の5年、10年、20年を考えた時に

間違いなく主役が変わるであろうエネルギー

その変化にどのようにビジネスとしてかかわっていくのか?大きな課題です。

昨日はHONDA様による「水素社会に向けたHONDAの取り組み」というテーマで

講演していただきました。「つくる、つかう、つながる」 という視点から

色んな話を聞かせていただき、自動車をはじめ、もう次のエネルギーとして

実用化の段階にきていることを感じました。

しっかりとアンテナを張りものづくりのみならずサービス分野など取り組める

ものがないか?見極めていきたいと思います。

DSC_0565

社内研修その2

昨日は全員参加で「仕事の教わり方」研修を行いました。

仕事の教え方はよく聞く話ですが、仕事の教わり方とはどのようなことなのか???

挨拶、態度から始まり、実行すれば確実な作業指導ができる手段を学びました。

まさに目から鱗

あとは実行して行けば確実に効果はあがると確信

恥ずかしがらずに、面倒くさがらずに実行できる企業文化を構築するのが私の仕事だと思っています。

簡単ではありませんが努力して行きたいと思います。

DSC_0562DSC_0563

 

 

社内研修

日常の生産に追われ、社内研修などに時間を割くことができずにいましたが

最近、生産が増えたこともあり、先輩社員が新人社員に仕事を教える場面が増えてきました

慣れていないこともあり、教える側は「教えました、理解してると思います」

教えられる側も「教えてもらったけど理解できていない、理解できてないが、何を聞けば良いのかさえわからない」など

中々効率的に教育、指導ができない。

そこで久々に人に関わる問題を勉強することにしました。

第1回目は監督者のための TWI(Training Within Industry)トレーニング ウィズイン インダストリー

「人の扱い方」について学びました。

私は何度か受けた研修ですが、その時々で気づかされることがあり

改めて繰り返し学ぶことの重要性を再確認させられました。

今後も、仕事の教え方、仕事の教わり方、3Sと学んでいきたいと思います。

昨日、今日と学んだことが知識として習得し、実行し、現場の生産、品質向上、職場環境の改善につながっていくことを願うばかりです。

DSC_0552 DSC_0556