今年の・・・

今年の社員旅行は日帰りで

KURIOS(キュリオス)シルク ドゥ ソレイユを観に福岡に行きました。

キュリオスとは好奇心と骨董品という意味だそうで

舞台に登場する大道具、小道具は細部までこだわりが感じられ

ショーをさらに盛り上げてくれていました。

記念写真の一枚です。

DSC_0001_BURST20190330104151

「きぼうのこども園」開園

内閣府より採択を受けた企業主導型保育「きぼうのこども園」がいよいよ来月より開園です。

この保育園は工業団地内の組合会館に開設します。組合員企業にお勤めの従業員の子供を

お預かりすることを第一の目的としていますが、周辺企業様、地域枠も設けており

多様なニーズにお応えできると考えております。

昨日は開園にあたり安全祈願祭を行いました。

熊本県内でも工業団地内の保育園は初めての試みで、従業員の方々が安心して

預けていただける保育園になるようスタッフ一同頑張ってまいりますので

なにとぞよろしくお願いいたします。

DSC_0506DSC_0501DSC_0499DSC_0503DSC_0497

国会議事堂

先週末は内閣府から委託を受けている景気ウオッチャーの全国セミナーに参加してまいりました。

景気ウオッチャーとは全国の中小企業の景況感を2カ月に一度報告し、様々な業種の生の声をキャッチするためのものです。

一年に一度、対象企業の中から選抜で全国セミナーが開催されるのですが、販売、製造業、物流など多岐にわたる

報告は自分の思っていた状況と違っていたりして大変勉強になります。

例えばカメラ部品の製造の会社の方がおっしゃっていたのが

「ここ数年右肩下がりであった需要が昨今のinstagram・Twitterのおかげで回復傾向にある」

日々新しいモノやサービスが生まれるこの時代

同じことが長く続くことは皆無に等しい

常に環境に適応した経営をやらなければ生き残れないと感じたセミナーでした。

おまけで国会議事堂見学があったので参加してきました。

DSC_0483DSC_0490

新年明けましておめでとうございます。

2019年が始まりました。

米中摩擦、EU不安、そしてわが社がかかわる

半導体製造装置メーカーも厳しいスタートになるようです。

この厳しい状況に対応できれば会社の対応力が上がるということです。

ピンチをチャンスに変えられるように今年も社員一同努力してまいります。

今年もどうぞよろしくお願いします。

忘年会

本当に早いもので2018年もあと4日となりました。

今年は父(会長)の体調不良から入院、そして11月6日に他界。

最後は誤嚥性肺炎を患い2カ月ほど食事はおろか水すら飲めず、点滴のみの入院生活と少々苦しみましたが

78年の生涯、中小企業経営に携わりながら色んなことを経験し、たくさんの方と出会い

そしてたくさんの方々に支えていただいた素晴らしい人生であったと思います。

父に教わったたくさんのことを今後の経営に生かしていきたいと思います。

 

さて昨日は会社の忘年会を行いました。

今年は近所のマリーゴールド(ガーデンウエディング)さんを貸し切りさせていただき

子供同伴の忘年会。企画も社員が考えてくれて楽しいひと時を過ごすことができました。

2019年も社員一同「お客様に必要とされる会社」を目指して頑張っていく所存です。

 

DSC_0393DSC_0399

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社員旅行

先週末は社員旅行で別府に行って参りました。

本当に久しぶりの社員旅行でしたが、天気にも恵まれ楽しい社員旅行でした。

やはり泊だと参加できないという人も多く

少し少人数の旅行になりましたが、私自身もおそらく社員同士も

日頃職場とは違った面を見れたり感じたりできたと思います。

そのことが職場の雰因気だったりチームワークに良い影響も

与えてくれると良いなぁと感じた旅行でした。

DSC05161 DSC05364

 

 

 

 

 

八大竜宮社

八代市鏡町の「八大竜宮社」

その昔、この地域の人々が

漁業の安全、農耕作業の安全を願い

海の神、海洲の竜神(綿津見の神)

陸の神、雨乞いの本尊(娑伽羅竜王)

を一体として祀った神様だそうである。

このように地域の祠はその土地の様々な歴史のなかで

祀られていることがわかる。

かかわらせていただいたこのお宮が

末永く地域の人々の心のよりどころであり続けることを願います。

 

DSC_0235

工場見学

先週は石川県にある津田駒さんの工場見学に行ってきました。

明治42年に織物機械で創業され現在では機械加工に欠かせない

マシンバイス、円テーブルなどの生産も手掛ける技術力の高い企業です。

私の会社は機械加工にかかわっているのでバイスなどの製品が馴染みが

あるのですが、今回見学させていただいた織物機械の歴史と技術力は

感銘を受けました。

それから新幹線が開通し、観光スポットとしても注目されている金沢

繁華街にはおしゃれで美味しそうな飲食店がたくさんありました。

夕食は「いたる」さんでカニ、「高砂」さんで金沢おでんを頂きました。

美味しかったです。

DSC_0202DSC_0203DSCPDC_0001_BURST20180302135DSC_0204DSC_0212DSC_0206

 

知事公邸

昨日は知事公邸にて誘致企業と協力企業が集まり知事を囲んだ懇親会に参加しました。

自分は知事公邸に行くのは二度目で15年ほど前に塩谷知事時代、熊本県工業連合会の生産連携グループGamadasで懇親会に呼んでいただき参加いたしました。

日頃から工業連合会を通じて商工関係部署との方々とお話しする機会はあるのですが、知事、誘致企業が一堂に集まる機会はめったにないことです。

ものづくりの話もさることながら弊社は保育園経営も行っている立場でお話させていただきました。

現在の保育園設置の一番のハードルは「設置者がその地域に保育園を建設することに対しての同意を取ること」というルールがある

保育園を必要とされる場所は住宅街であり、例えばそのような場所に計画をたて、もし認可が下りれば保育園を建設しますが良いですか?

と地域住民に同意をお願いする。ほとんどの人が子育ては大切、子供は国の宝であると認識していると思うが、いざ目の前にできると、子供の声がうるさいなど

なかなか賛成できないという現実がある。当然、夜仕事して昼間は寝ているから、老後は静かな場所で暮らしたいからなど

色んな立場があるので仕方がないことだと思う。

ならばどういった立地が良いのか?一つの選択肢として私たちのような企業が立地している工業団地内であるとか事業所内は同意は取りやすく

なおかつ働く保護者の近くに安心して子供を預けられる保育園があれば昨今の人材不足の解消に一役買うのではないであろうか

現在国の施策でも企業主導型保育事業というメニューも用意されており、熊本県においても今後の子育て支援の充実をさらにお願いしたい。

DSC_018920180228072238